現状の顧問税理士との契約は継続を前提に、他の視点から気軽に相談

セカンドオピニオンとは、直訳すれば「第二の意見」。税理士のセカンドオピニオンとは、企業の経営方針について。顧問税理士以外の他の税理士に現在の顧問契約を継続しながらアドバイスを求めるものです。
大企業であれば、社内税理士を複数人と契約する余裕はありますが、中小企業にとっては税理士を2人も雇う余裕のあるところは少ないのが現実です。

当事務所のセカンドオピニオンは、現状の顧問税理士との契約は継続することを前提に、他の視点から気軽に相談できるサービスです。
幅広い視点からアドバイスが可能になります。さまざまな企業の関与実績があり、お客様の状況に合わせてご対応させていただきます。

次期経営者の年代に近い税理士・公認会計士ですので、親身なアドバイスをさせていただけると思います。

ご相談はお気軽にどうぞ